青汁 食物繊維

青汁に多く含まれている食物繊維はカラダを中から綺麗にしてくれる!

青汁には健康維持にかかせない食物繊維がたっぷりと含まれています。青汁に含まれる食物繊維には水溶性のものと不水溶性の2種類のものがありますが、水溶性のものは老廃物の排出や、炭水化物の吸収を抑えてくれる効果があり、不水溶性のものは腸の活動を活発にしてくれて便秘解消に一役かってくれてます。

食物繊維の一日の摂取量としての目安は、およそ20グラムと言われていますが、これを野菜から普通に摂るとなるとかなりの量になってしまいます。そのため日本人の多くは食物繊維が不足気味で、便秘に悩む方が多いことがその証拠です。

そこで青汁の出番です!食物繊維不足を簡単に解消出来るので、便秘になることも防げて、カラダを内側からキレイにしてくれるんです!しかもカラダに溜まった老廃物が上手く排泄されるようになるので、体調も良くなり、むくみや肌荒れにも大きな効果が期待出来ます!

水に溶かして飲むだけだからとっても手軽だし、健康を気遣うなら今スグ青汁を飲み始めてください!当サイトではそんな健康的な青汁の中でも厳しい検査基準をクリアした安心して飲める青汁を紹介しています。

もちろん味に関しても、とても飲みやすく初めての方でも抵抗なく始められるものばかりです。いくつかの青汁を紹介しているので、気に入ったものを選んで、早速飲み始めてみてください!

女性を悩ませる生理痛の撃退に体に優しいハーブ系青汁でゆったり

疲れやすいとか風邪を引きやすいなどの体の不調を抱えるひとは多いものです。そんな体の不調の中でも、女性特有のものといえば「生理痛」です。生理痛とは毎月やってくる生理の日に起きる痛みのことで、妊娠をするために用意されるクッションである血液が子宮の壁から剥がれ落ちるときに痛みを生じます。

痛みの度合いはひとによってさまざまで、まったく痛みを感じないというひとや多少痛いと思う程度の軽い生理痛を持っているひと、毎月の生理のたびに痛みで寝込んでしまい学校や会社を休んだりするほどの生活に支障が出てしまうくらい生理痛が重いひともいます。

生理痛は、市販薬などでも対応できるもので、痛みが酷くなければ一度鎮痛剤を飲むことで、痛みのピークを乗り越えるのも可能ですが、薬を飲まないと動けないとか薬を飲んでも効かないくらいの酷い痛みが何日も続くという女性も少なくありません。

そうすると学校や仕事に行くためには毎回、生理の一週間が来るたびに鎮痛剤を飲まなければならず、生理が終わって生理痛は治まったけれど飲み続けた鎮痛剤の影響で胃が荒れてしまい、今度は胃が痛むなんてパターンに陥るケースもあります。

毎月の生理の痛みに悩まされることは、ただでさえホルモンのバランスの影響で憂鬱になりやすい生理の期間を更に憂鬱にし、ますます気分を落ち込ませてしまう原因にもなっています。女性として生まれてきた以上、生理のときの痛みがあることはある程度は仕方ないことですが、せめて少しでも痛みが軽くなれば楽に過ごせるのにと感じている女性は多いのです。

そんな生理痛に悩む女性に朗報です。生理痛の改善に効果がある青汁があるのです。

青汁は健康思考のひとは勿論、野菜が不足しがちな食生活を送っていたり、美容に関心の高いひとなど、子供からお年寄りまで幅広い年齢層に飲まれている健康食品のひとつです。ビタミンや葉酸、食物繊維が豊富で栄養の偏りなどで起きる疲労や肌荒れ、便秘などの体の不調を改善し健康へと導く役割を果たしてくれる効果があると言われています。

また青汁に含まれているものも、さまざまなものがあり飲みやすくするために抹茶や緑茶などが入っていたりします。いろいろな種類がある青汁の中でも、ハーブ入りの青汁が特に生理痛の改善に良いと言われています。

ハーブにはホルモンに関係している不調を改善する効果があることで有名です。他にもリラックス効果があったり安眠へと導く力があるので、古来から万能薬として重宝されてきました。そんなホルモンのバランスを調えてくれるハーブの力と、栄養のバランスを調えてくれる青汁の力が合わさったことで、生理痛を誘発してしまうと言われている体の中の冷えや栄養不足を解消してくれることで、生理痛が和らぐ効果があるのです。

青汁なら手軽に始められ、薬のように体に負担をかけることもないので、生理痛が重いひとには是非試して貰いたい食品です。またお湯やホットミルクで飲めば、体も暖まり生理痛が軽減します。

しかし、あまりにも痛みが酷い場合には思わぬ病気が原因になっていることもありますので、一度婦人科を受診する必要があります。病院で診てもらったうえで問題ない生理痛の場合は、青汁などを試したりして改善に励みましょう。

リラックスと健康、生理痛も軽くなるハーブの青汁は女性の強い味方です。上手に食生活に取り入れて、毎月の生理をゆったりと快適に過ごしましょう。

美しい髪に青汁が効果的!タンパク質が豊富な一杯でダメージケア

一度飲めば次の日には効果が出るといった即効性はないけれど、毎日飲み続けていくことで偏ってしまった栄養のバランスを調えて、健康に近づいていくことが出来る青汁。味にクセはありますが、さまざまな調理に取り入れることで摂取しやすくして、継続しているというひとも多いのではないでしょうか。

青汁には偏食になりがちな現代人の食物繊維などの摂取に力を発揮することが有名ですが、案外、髪にもいい効果があることを知っていますか?

一日コップ一杯分で、十分な栄養が摂取できる青汁は、髪のトラブルや悩みを改善する効果があるのです。髪に関するトラブルの原因のひとつに、摂取する栄養が不足しているということが挙げられています。髪の毛が作られるときに必須な栄養はビタミンやミネラルです。主にタンパク質で出来ている髪ですが、そのタンパク質もきちんと髪まで運び込まれないことには、タンパク質を摂っても髪を作ることが出来ません。

そんなときに欠かせないのが、ビタミンやミネラルなのです。ミネラルはタンパク質を髪に運んでいくための代謝機能に必要な成分。これらが不足してしまうと、タンパク質は髪に運ぶことが出来なくなり、髪に栄養が行き届かなくなってしまいます。

栄養不足の髪は、艶がなくなりバサバサになってしまったり、細くなったりしてボリュームがなくなってしまうのです。また野菜や穀物中心の和の食事よりも、肉や油分の多いファーストフードや洋食を良く食べるようになった現代のひとの食生活は、頭皮に分泌している脂が増えてしまうことになるので、髪の成長を妨げてしまう原因になっています。

青汁は野菜がたっぷり入っている飲み物です。特にケールで出来ている青汁はタンパク質やミネラルが豊富に含んでいるので、髪の成長にはもっとも良い成分が揃っています。瞬く間に効果が現れるわけではありませんが、続けていくうちに髪に栄養が行き渡ることで艶が戻り、しっかりした髪質にする効果を期待できるのです。

そして、栄養のバランスが調うことで体調が良くなり、髪だけでなく、体の健康にも繋がります。

スタイリングで髪を染めたり、パーマをかけたりしてダメージを受けやすい髪の毛。それに加えて食生活の偏りでダメージから回復するための栄養が十分に摂取出来ていない現代人は、もっと積極的に青汁を摂るようにしたいもの。粉末で手軽に飲める青汁でタンパク質をスムーズに運んで髪のダメージを改善して、いろいろなヘアスタイルを楽しみましょう。

健康飲料だからといって油断は禁物!気をつけるべき飲み合わせ

自身の健康管理に手軽に始めることができる青汁。両親が飲んでいて子供の頃から飲んでいるというひとや、食事のバランスが気になりだして最近飲み始めたり飲もうと思っているひと、いろいろいると思います。

一日コップ一杯、もともと粉末状態のものが多いので水や牛乳に溶かして飲んだり、ヨーグルトや料理にふりかけたりして食べることも出来る青汁ですが、健康ドリンクであるということで一緒に飲んではいけないもの所謂、飲み合わせがあるということは意外と知られていません。

青汁には、いろいろなビタミンが含まれています。

ビタミンには、水に溶け出してしまう水溶性ビタミンと脂に溶け出してしまう脂溶性ビタミンとがあります。これらのビタミンは、料理の仕方などで成分が流れ出してしまい、私たちの体にうまく取り入れることが出来てないことがあるので、水や牛乳、出来上がった料理にかけることが出来る青汁は、ビタミン摂取の面で非常に適しているものなのですが、実は、これらのビタミンと相性が良くない薬があるのです。

それはワーファリンという薬です。この薬は、静脈血栓症や肺塞栓症などといった病気の治療に使われている薬です。ワーファリンは、血液を固まらないようにして血栓が出来ないようにするための薬ですが、青汁に多く含まれているビタミンの中でもビタミンKをたくさん摂ってしまうと、この薬の働きが弱くなってしまうのです。

このワーファリンは、心臓の病気や脳の病気、血管の病気などを抱えているひとに多く飲まれている薬なので、これらの病気のひとは安易に青汁を飲むと命に関わる危険が及ぶ可能性があります。青汁を始めたいと考えている場合は、必ずお医者さんに相談するようにして下さい。また青汁の王様であるケールの青汁なら、ビタミンKがあまり含まれていないので、どうしても青汁を飲みたいときにはケールを選ぶようにすると良いと思います。

患っている病気によっては青汁そのものを摂取してはいけないというひともいます。また、健康で何も病気を持っていないひとでも過剰に青汁を摂取したりするのは、よくありません。青汁の適量を守ることも健康には必要なことです。

健康ドリンクという位置づけで存在しているがゆえに、薬との相性があるということを知られていない青汁。自身の持つ病気に適しているものなのか、きちんと調べてから飲んでも遅くはありませんので、必ず成分を把握してから青汁の健康パワーを頂くようにしましょう。